Silver Bullets Association (テクノロジー犯罪対策)

テクノロジー犯罪及び集団ストーカー撲滅のためのブログです。 立ち上がった被害者と非被害者の一人一人が、この悪魔にとどめをさす銀の弾丸であると信じています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月3日(火)「テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪規制の法整備を求めるデモ行進」集合:午前11時、日比谷図書文化館4階小ホール、出発:正午予定

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークによる、テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪規制の法整備を求めるデモ行進が、12月3日(火)に行われます。10月の大阪でのデモに続いて、同会の東京での初めてのデモ行進です。
平日の開催ですが、今国会で成立が迫っている特別秘密保護法案に反対するため、この時期の開催になったようです。デモの趣旨に賛同される人は、誰でも参加歓迎ということですので、是非お時間のある方は、ご参加よろしくお願いします。

集合は、11時に日比谷公園内、図書文化館4階小ホール、12時に出発、銀座へ向けて行進とのことです。こちらがビラです。当日の日程や場所等、ご確認ください。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/demo_tokyo_1_20131203.pdf

*主催者側からの注意として、デモ参加者は
○マスク・サングラスの使用を禁じます。
○主旨に反するプラカードなど標示物の使用を禁じます。
○デモ推進チームの指導に従って下さい。
とのことです。ご不明な点がもしございましたら、主催団体にお問い合わせください。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/index.html

 また、今回のデモの説明のための記者会見が、集合場所の図書文化館4階小ホールで。10:30分から行なわれます。
是非、色々な方々に、今回のデモのことを知らせていただけたらと、一会員、一被害者として思います。
もしかしたら、まっさきにこの犯罪に興味を持ってくれる人というのは、例えば、フリージャーナリストですとか、スモールメディア、ウェッブメディア、市民記者ですとか、そういう方々の中にいるのではないか、という気がしています。
アメリカの場合でも、僅かな例外を除いては、インターネットラジオとか、インターネットメディアで取り上げられることがある、というのが現状ではないか、と思います。9月に海軍基地で起きた事件の影響も大きいでしょう。
個人的に、何人かに気になるジャーナリストに、知らせを送ってみようかと考えています。


************************************
「記者、メディア関係者、その他この犯罪に興味のある全ての方々へ」
************************************ 

 今年の9月16日、アメリカ合衆国ワシントンD.C.の海軍施設で、Aaron Alexisという34歳の男が発砲し、12人を射殺、警察との交戦で本人も死にました。Alexisはこの事件の数週間前に、 FFCHS(Freedom From Covert Harassment and Surveillance)という人権団体に対してメールで、自分がELF(極低周波のことと思われる)による攻撃を受けていること、頭の中に音声を送られていること、軍がELF兵器を開発していると信じていること、などを訴えていました。本人が射殺された現在、彼の主張の中にどれ程の真実が含まれていたのかは不明ですが、彼がいわゆる「テクノロジー犯罪被害者」であったことは、少なくとも確ではないか、と私には思えます。
メールを受けたFFCHSという団体は、彼のように、見えない遠隔手段によって、頭の中に音声を送信されたり、あるいは痛みや、様々な症状を引き起こされる、エレクトロニック・ハラスメント(日本ではテクノロジー犯罪と呼ぶことが多い)等と呼ばれるハイテク武器によると想定される遠隔攻撃犯罪や、ギャング・ストーキングなどとも呼ばれる、不特定の集団による個人の秘密監視、及び集団的嫌がらせによる生活破壊犯罪の被害者を扱っている、被害者ネットワークです。
同様の犯罪被害を訴える被害者たちが現在、世界各国に存在します。どの国においても、不可視媒体による攻撃や巧妙なテクニックにより、犯人を特定し、司法の場に持ち込むことが極めて困難であり、またこういった遠隔攻撃を可能にする技術情報にアクセスすることができず、警察の庇護も受けられないまま、拷問にも近い状態に苦しんで、被害を訴えています。
日本国内において、これらの犯罪被害者を扱っているのが、「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」であり、国内の相当数の被害者が所属する被害者組織です。
 
今回、このテクノロジー犯罪被害ネットワークによる、初の東京でのデモ行進が、12月3日、午後12時より、日比谷公園から銀座に向けて行われます。
またそれに先立ち、10時30分より、日比谷文化会館4階の小ホールにて、デモ行進の説明のための記者会見を行います。同団体の会員の一人として、記者やその他この問題に関心をお持ちの方々には、是非ともお立ち寄りいただきたく思います。

 例えば、国内においても、低周波、超音波、あるいは集団による嫌がらせ等によって誘発されたと訴えられる犯罪が既に繰り返し起きており、この犯罪についての理解がないと、それら犯罪の背景がわからないことが殆どではないかと思います。
またテクノロジー犯罪という言葉は、集団による組織的監視と加害行為に限らず、ハイテク技術を使用した様々な違法監視や、電子機器の妨害や、人体に対する妨害と攻撃犯罪を広く含むものであり、それらを可能にする高度な技術の悪用が議論されないまま、今後それらが社会において問題化するのは必然的であると思われます。
 一方、テクノロジー犯罪は、その極限においては、大量破壊兵器につながるような強力なマイクロ波送信施設の悪用など含み、今後の軍事技術や、社会を支えるテクノロジーの持つ問題性を考える上でも、これらの技術に対する認識は欠かせないのではないかと考えます。

テクノロジー被害ネットワークの活動や主張については、同団体により本年10月に安倍総理大臣宛てに提出された要望書を、是非ご参考ください。
(要望書pdf)
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/youbousho/20131023abesouri.pdf
(同NPO石橋輝勝理事長よる街頭演説の動画)
http://www.youtube.com/watch?v=1tRWcTK6h3c&feature=youtu.be

以下、この要望書の内容、テクノロジー犯罪に関連する資料を幾つか捕捉します。

○テクノロジー犯罪の今までのメディアでの扱い
ワシントン・ポスト(アメリカ・2007)http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech14.html

raum&zeit(ドイツ・2009)による元加害者のインタビューと、その英訳
http://media.de.indymedia.org/media/2010/04/278517.pdf
http://freedomfchs.com/cclarkintrvw.pdf

同犯罪の裁判に関するWiredの記事(アメリカ・2009) http://wired.jp/2009/07/06/「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービス/

被害者を扱ったドキュメンタリー番組(2012・アメリカ)
http://www.youtube.com/watch?v=-yjBjImdudQ&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=yar9mu033_Y&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=mel34on-GPQ&feature=player_embedded

ロシア・トデイによる番組(2013・ロシア)
http://www.youtube.com/watch?v=o9bd-B2dqCM  

○エレクトロニック・ハラスメント対策サービス提供業者のサイト
http://www.bugsweeps.com/info/electronic_harassment.html#c2c

○関連法規制例:アメリカ合衆国ミシガン州
http://www.freedomfchs.com/michiganemdevicelaw.pdf

○Aaron Alexis事件を取り上げた、New York Post の記事
http://nyp.st/1bfXZDv

同事件のWashington Times の記事
http://communities.washingtontimes.com/neighborhood/freedom-press-not-free/2013/oct/24/his-words-alexis-emails-raise-questions-government/
http://communities.washingtontimes.com/neighborhood/freedom-press-not-free/2013/oct/24/alexis-emails-emf-navy-yard-shooting/

○サイバー技術、マインドコントロール技術に関する書籍
"The Matrix Deciphered" Robert Duncan
http://www.freedomfchs.com/thematrixdeciph.pdf
“Project: Soul Catcher: Secrets of Cyber and Cybernetic Warfare Revealed “Robert Duncan
"Mind Control" John J. Williams

○Barrie Trowerのインタビュー http://www.youtube.com/watch?v=NRoN2Fsci3o

○スーパートランスミッター関連
http://www.youtube.com/watch?v=SNxhfp-KwBQ
http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/0983444bf6df805a45ed425cea3cddca?fm=entry_awp

○ギャング・ストーキング資料
http://www.stopos.info/os.pdf


人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト
  1. 2013/11/27(水) 22:50:20|
  2. アクティビズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<決定的な情報を欠いた状況下でのテクノロジー犯罪広報周知戦略 | ホーム | コンピュータにつながれた脳 (テクノロジー犯罪という戦争、電子戦①)>>

コメント

最近、ブログを拝見しています。

>*ビラには記載がありませんが、NPOの定例会で配布された資料には、デモ参加者は
「マスク、サングラス使用禁止」「デモの趣旨に反するプラカード等禁止」と書かれてありました

このような事は大阪デモの時は注意書きとしてあったように思いますが、大切なことだと思います。

お知らせいただきまして、ありがとうございました。
  1. 2013/11/28(木) 07:36:16 |
  2. URL |
  3. NANA #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://silverbulleta.blog.fc2.com/tb.php/40-d0172b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

silverbullet

Author:silverbullet
この犯罪を知らない方は、周知活動のために運営しているこちらのサイト http://stopeh.org/wordpress/
をご覧下さい


2011年5月に、長く続いていた異様な体調不良が電磁波攻撃によって引き起こされていること、数々の近隣住民による嫌がらせがガスライティングとよばれる一式の犯罪技術であることを知りました。犯罪被害の認識は、2011年5月ごろ、千葉県市川市の集合住宅での集中的な被害によってわかりましたが、その後に得た知識から今までの長く続いてきた症状と状況を分析して、被害が10数年前の大学在学時に始まったと理解しています。
被害が厳しく、市川市内で一度転居し、現在は多摩地区に避難しています。しかし昼夜問わず24時間相変わらず攻撃が続き、この卑劣な犯罪から逃れる方法がないらしい、ということがわかってきました。よって、この見えない巨大な敵と闘うより仕方が無く、犯罪の撲滅のために可能な方法を考えていこうというブログです。
問題解決のためには、法整備、警察、行政に対する圧力など、TI(ターゲッティド・インディビデュアル)と呼ばれる被害者の協力と行動だけでなく、非被害者である無数の一般の方々による認知と手助けが必要不可欠です。
是非このブログに限らず、インターネット上に溢れている無数の被害者の声に耳を傾けて、この卑劣な犯罪の撲滅のために力を貸してください。

お問い合わせはこちらのメールアドレスへ。
info@stopeh.org


この悪魔のごとき犯罪の撲滅と、被害者の救済のため、どうか力を貸してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
基本方針 (2)
被害の記録 (7)
テクノロジーの分析 (8)
カウンターメジャー (1)
集団ストーキング (1)
被害者の分析 (2)
加害者の分析 (4)
BOOK CLUB (1)
海外情報 (3)
資料、情報 (1)
アクティビズム (15)
ニュース (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。