Silver Bullets Association (テクノロジー犯罪対策)

テクノロジー犯罪及び集団ストーカー撲滅のためのブログです。 立ち上がった被害者と非被害者の一人一人が、この悪魔にとどめをさす銀の弾丸であると信じています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特定秘密保護法案とテクノロジー犯罪

こんにちは。
今特別国会で可決が与党政府により目指されている特定秘密保護法案(法案全文はこちら→ http://www.asahi.com/articles/TKY201310250345.html )ですが、様々な人がその危険性を指摘し、テクノロジー犯罪被害者からもそれを危惧する声が聞かれます。
この法案で秘密情報に指定される可能性のあるものは、
 
1 防衛に関する事項
2 外交に関する事項
3 特定有害事項に関する事項
4 テロリズム防止に関する事項

であり、3が特にそうですが、その他全体に曖昧な事項が対象範囲です。つまり、テクノロジー犯罪とその技術、及び、集団ストーキングに関連する事項が、この法案と関わってくる可能性が十分にあると、私は思います。

この法案の目立った問題点は、

1 秘密に指定される情報の基準が現在のところ曖昧である。
2 秘密に指定された情報の扱いについて、チェックするシステムがない。
3 従って、特定の話題について、取り扱うことが怖くなってしまう。

というところでしょうか。

この法案について、その歴史的経緯から問題点までまとめて扱っているインタビュー動画が、孤高のインターネットニューズテレビ局、ビデオニューズドットコム( http://www.youtube.com/watch?v=NLuSgjcinZk&feature=youtu.be  )によってアップされています。注意深く話を聞いて頂ければ、どのあたりが我々の犯罪と関わってくる可能性があるのか、色々と見つかってくると思います。

端的に言えば、犯罪被害者である私たちの被害者活動の一部(テクノロジー犯罪関連情報が特定秘密に指定された場合、その取得を目指す行為:過失、未遂、共謀を問わず)を非合法化(犯罪化)する可能性を十分に秘めている不条理な法案といえるでしょう。その秘密情報が得られなければ、私たちはこの犯罪の存在を証明できないかもしれないのに。
もちろん皆様はこういった著しい不条理に、既に十分慣れているとは思いますが。

法律は国民(を代表する議会)によって作られるものです。我々は自らの入ったキャッチ(落とし穴)をその中で更にせっせと掘り進める様な不条理には、慎重になる必要があります。気づいた時には、その深みから抜け出せなくなっている、ということもあるかもしれません。

人によっては難しいと感じる部分もあるかもしれませんが、お時間がございましたら、是非動画をごらん頂き、この法案についてよく考えて見て頂けたら幸いです。

(テクノロジー犯罪と防衛機密についての考察は、以前のこちらの記事もご参考ください
http://silverbulleta.blog.fc2.com/blog-entry-31.html )

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト
  1. 2013/11/10(日) 19:02:39|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コンピュータにつながれた脳 (テクノロジー犯罪という戦争、電子戦①) | ホーム | 10月13日(日)「デモ行進in 大阪」13:30久宝公園集合、14:00出発>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://silverbulleta.blog.fc2.com/tb.php/38-79bcb94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

silverbullet

Author:silverbullet
この犯罪を知らない方は、周知活動のために運営しているこちらのサイト http://stopeh.org/wordpress/
をご覧下さい


2011年5月に、長く続いていた異様な体調不良が電磁波攻撃によって引き起こされていること、数々の近隣住民による嫌がらせがガスライティングとよばれる一式の犯罪技術であることを知りました。犯罪被害の認識は、2011年5月ごろ、千葉県市川市の集合住宅での集中的な被害によってわかりましたが、その後に得た知識から今までの長く続いてきた症状と状況を分析して、被害が10数年前の大学在学時に始まったと理解しています。
被害が厳しく、市川市内で一度転居し、現在は多摩地区に避難しています。しかし昼夜問わず24時間相変わらず攻撃が続き、この卑劣な犯罪から逃れる方法がないらしい、ということがわかってきました。よって、この見えない巨大な敵と闘うより仕方が無く、犯罪の撲滅のために可能な方法を考えていこうというブログです。
問題解決のためには、法整備、警察、行政に対する圧力など、TI(ターゲッティド・インディビデュアル)と呼ばれる被害者の協力と行動だけでなく、非被害者である無数の一般の方々による認知と手助けが必要不可欠です。
是非このブログに限らず、インターネット上に溢れている無数の被害者の声に耳を傾けて、この卑劣な犯罪の撲滅のために力を貸してください。

お問い合わせはこちらのメールアドレスへ。
info@stopeh.org


この悪魔のごとき犯罪の撲滅と、被害者の救済のため、どうか力を貸してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
基本方針 (2)
被害の記録 (7)
テクノロジーの分析 (8)
カウンターメジャー (1)
集団ストーキング (1)
被害者の分析 (2)
加害者の分析 (5)
BOOK CLUB (1)
海外情報 (3)
資料、情報 (1)
アクティビズム (15)
ニュース (1)
お知らせ (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。