Silver Bullets Association (テクノロジー犯罪対策)

テクノロジー犯罪及び集団ストーカー撲滅のためのブログです。 立ち上がった被害者と非被害者の一人一人が、この悪魔にとどめをさす銀の弾丸であると信じています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もういい加減に隠蔽できないだろう

電磁波、音波を使ったテクノロジー犯罪について、日本語でアクセスできる資料が幾つか出てきていていますので、今回はこれを紹介します。日本語字幕付きで見られるものですので、特に非被害者の一般の方々はどうか必ずこれらをご覧になってください。見ていただければ、それで結構です。見て驚いて、それから考えて下さい。

① Microwave Warfare - Barrie Trower (14分)
http://youtu.be/hpfblQN2a-E (日本語字幕つき)

軍で彼自身がいうところのマイクロ波戦(microwave warfare)に関わった技術者、Barrie TrowerをThe World Foundation for Natural Science ( http://www.naturalscience.org/index.php?id=7 ) という自然志向の団体が2010年にインタービューして、ICAACTというアメリカの被害者団体がマイクロ波武器に関する部分だけチョイスしてまとめた動画のようです。元のインタビュー(2h19m)はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=iLWRdkxKXiw&feature=related (日本語字幕なし)

彼が言うには、マイクロ波兵器は完璧なステルス武器であり、それゆえに長きに渡り様々な国でシークレットサービスなどに使用されてきました。同時にマイクロ波に関わる違法で未同意の人体実験が各国で行われてきました。Barrie Trowerはそれを公言する数少ない専門家で、様々な公の場所でマイクロ波に関する証言をするなど、信用のおける人物であると思います。
同時に、Wifi、携帯電話その他の無線環境の危険性を訴えており、子供を持つ親は特に耳を傾ける必要があります。彼の言うマイクロウェーブの危険性は、まず免疫系に対する影響、それから神経に対する影響があり、それによって自殺傾向が高まったりという心理的影響もでてきます。それから、長期的には白血病等のガンや遺伝子に対する損傷が考えられるとのことです。そして神経を守る細胞が十分に確立していない、胎児や子供により大きな危険性がある、と言います。
そういったマイクロ波を武器として使用し、緩やかに人を病死させたり、精神病に見せかけて精神病院に入れたり、あるいはマインドコントロールを行います。
電磁波音声を使用したマインドコントロールについては、去年なされたこちらのインタビューも参考に。
https://www.youtube.com/watch?v=vxrBLO1rAMM(字幕なし)
このように法の裏をかき、隠密に人を破壊する「悪魔の兵器」とでも言えるマイクロ波兵器は、廃止されなければいけません。


②"Brain Invaders" Episode 6, Season 3 of Jesse Ventura's "Conspiracy Theory" (45分、日本語字幕付き)

http://www.youtube.com/watch?v=-yjBjImdudQ&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=yar9mu033_Y&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=mel34on-GPQ&feature=player_embedded

truTVというタイムワーナー系列のケーブルTVネットワークで、昨年12月に放送されたものです。"Conspiracy Theory"という陰謀を取材するドキュメンタリーテレビ番組で、TI(ターゲット・インディヴデュアル)と呼ばれるマイクロ波を使用した武器による「音声送信」や「身体攻撃」の被害者を特集しています。
TIの一人として、私もYou Tubeで昨年この番組を見た時は目頭が熱くなりましたが、これは犯罪であり、もちろん日本にも存在する犯罪です。
内容については、映像をご覧になってください。幾分エンターテイメント調に作ってあるドキュメンタリー番組ですが、ホストのJesse Venturaは、企業家のロス•ペローらによって作られたreform Party(緑の党と同様にアメリカにおける第三極の一つ)から立候補して、1999ー2003にミネソタ州知事を務めている人物です。また証言を行っている元CIAのエージェントや科学者も皆実名で出ているわけで、そのことの意味を是非考えてみて下さい。皆命がけだと思います。
冷戦時代のエージェントであるBarrie Trowerの説明するマイクロ波武器が70年、80年、90年代と改良されゆきたどり着いた今日究極の形がここにあります。もちろん、Dr. Trowerの言うような近くの家から撃ち込むような方法もまだ現在も行われているでしょう。
ちなみにこの番組は放送初回にHAARPと言われるアラスカ州にある巨大アンテナ群を扱っていますが、それが上のBarrie Trowerのインタビューにある、電離層に打ち込んで反射させ他国にも攻撃できる力のあるアンテナの一つであると思われます。
Wkipedeaを見ると150万人位の視聴者がいる番組のようです。つまりアメリカでは150万人がこれを見て、例えば驚いた視聴者が平均1人の知り合に話せばプラス150万人、6人の人に話せば計1000万人以上の人がこの話を知ることになります。アメリカでは昨年、生命倫理に関する大統領諮問委員会でこの犯罪が取り上げられていますが、つまり、もういい加減に隠蔽できないでしょう。情報は少しずつ社会に広まって行くと思います。どうか、映像をご覧になった方は、一人でも多くの人に、これを見るように伝えて下さい。そして、日本のTI(電磁波犯罪被害者)をご支援下さい。

③The Honest Report
https://sites.google.com/site/silver13bullets/home/report

上の二つと並べるのはおかしいのですが、私が被害周知のために作成したブックレットのリンク先(ブログにファイルがアップできないので)です。非専門家の被害者である私が作成したものですので、科学的、技術的な点、その他様々な点で、不完全な部分や間違いなどもあると思います。ここで取り上げるのは、日本の被害についての全体(集団ストーキングも含めて)に関する情報を、少しでも非被害者の一般の方々に知って欲しいからです。上の映像と合わせて、時間がありましたらご覧ください。
少しずつ更新して、良いものにしていくつもりですので、改善点がございましたら、ご指摘頂けると助かります。よろしくお願いします。(「③被害の例」部分も他の被害者の協力を得て、充実させていきたいと思います)


二つの映像を翻訳された方に心から感謝を申し上げます。

ご支援下さい!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/02/02(土) 15:34:59|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<About me. 私自身について。 To be honest is the only way for surviving. | ホーム | UPDATE OURSELVES 2(速報) >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/02/08(金) 09:03:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://silverbulleta.blog.fc2.com/tb.php/29-b0339bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

silverbullet

Author:silverbullet
この犯罪を知らない方は、周知活動のために運営しているこちらのサイト http://stopeh.org/wordpress/
をご覧下さい


2011年5月に、長く続いていた異様な体調不良が電磁波攻撃によって引き起こされていること、数々の近隣住民による嫌がらせがガスライティングとよばれる一式の犯罪技術であることを知りました。犯罪被害の認識は、2011年5月ごろ、千葉県市川市の集合住宅での集中的な被害によってわかりましたが、その後に得た知識から今までの長く続いてきた症状と状況を分析して、被害が10数年前の大学在学時に始まったと理解しています。
被害が厳しく、市川市内で一度転居し、現在は多摩地区に避難しています。しかし昼夜問わず24時間相変わらず攻撃が続き、この卑劣な犯罪から逃れる方法がないらしい、ということがわかってきました。よって、この見えない巨大な敵と闘うより仕方が無く、犯罪の撲滅のために可能な方法を考えていこうというブログです。
問題解決のためには、法整備、警察、行政に対する圧力など、TI(ターゲッティド・インディビデュアル)と呼ばれる被害者の協力と行動だけでなく、非被害者である無数の一般の方々による認知と手助けが必要不可欠です。
是非このブログに限らず、インターネット上に溢れている無数の被害者の声に耳を傾けて、この卑劣な犯罪の撲滅のために力を貸してください。

お問い合わせはこちらのメールアドレスへ。
info@stopeh.org


この悪魔のごとき犯罪の撲滅と、被害者の救済のため、どうか力を貸してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
基本方針 (2)
被害の記録 (7)
テクノロジーの分析 (8)
カウンターメジャー (1)
集団ストーキング (1)
被害者の分析 (2)
加害者の分析 (5)
BOOK CLUB (1)
海外情報 (3)
資料、情報 (1)
アクティビズム (15)
ニュース (1)
お知らせ (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。