Silver Bullets Association (テクノロジー犯罪対策)

テクノロジー犯罪及び集団ストーカー撲滅のためのブログです。 立ち上がった被害者と非被害者の一人一人が、この悪魔にとどめをさす銀の弾丸であると信じています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月5日(日)渋谷発、テクノロジー犯罪法規制要求デモ行進(宮下公園北側13:30集合、14:00出発予定)

電磁波や音波を使用した遠隔攻撃による犯罪(テクノロジー犯罪)の社会周知と、法規制を求めるデモ行進がゴールデンウイーク中の5月5日(日)渋谷で行われます。

既にこのブログでも長く訴えて来ましたが、電磁波や音波の特性を利用し、壁を透過するレーダー等で遠隔から被害者の位置を特定し、同時に攻撃を仕掛けながら、物質ではなくエネルギーによる攻撃のため一切の証拠を残さないこのハイテク犯罪は、その被害者が日本でも世界でも増え続けているのにも関わらず、現在解決の方法が全く存在しません。
刑事事件として検挙されたケースはなく、そもそも武器化された電磁波や音波送信装置を銃器のように規制する法律も日本には存在しません。犯罪者はやりたい放題であり、その拷問から死者が出ています。警察はこの犯罪の取り締まることはおろか、捜査や調査、犯罪技術の社会に対する周知を一切拒んでいます。その警察の不作為の背後には、技術的、法的な問題だけでなく、政治的な背景があることが十分に推測されます。
そのような社会から完全に隠蔽された凶悪犯罪とその解決を訴えるデモ行進が、今回ようやく可能となりました。

関連して挙げられることの多い「集団ストーカー犯罪」の被害を訴えるデモ行進に関しては、昨年と今年の始めに「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」主催で既に行われています。
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-400.html
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-405.html

しかし今回被害者団体ACPの計画によるこのデモ行進は、特に社会におけるタブー中のタブーであるこのハイテク兵器を使用したテクノロジー犯罪の周知と解決に焦点を定めた国内初めてのデモであり、大げさな表現ではなく歴史的に大きな意味をもつものであると思います。
その意味とは私が考えるに恐らく、①誕生してから少なくとも30年以上は経ち、その間社会の影で使用され続け、隠蔽されてきたこのステルス兵器の存在が、ついにもう隠し通せなくなってきたという明確な事実。②そして、この兵器技術がこの数十年間に脅威的に進歩し、放置しておいては社会そのものを破壊してしまう段階に達したため、もはや隠しておいてはならないのだという事実。それらの事実をようやく社会に伝えることの意味ではないか、と思います。
どうか被害者の皆様、このデモ行進に一人でも多くのご参加をお願いします。
そして一般の方々も、どうかこの機会にこの犯罪についてご認知下さい。(下の2つのNEWSも是非ご覧ください)

<<<デモ内容詳細>>>
◯デモ名:「テクノロジー犯罪周知、法制化要求デモ」
◯集合:13:30、出発14:00を予定。
○場所:集合場所の「宮下公園の北側の広場」を起点に、人通りの多い通りを歩き、また渋谷へ戻って、およそ1時間程度の行進と予定されています。
◯参加の仕方:当日集合場所に来て下さい。事前申請などは必要ありません。
*日程、マップ、問い合わせ、服装、その他全ての詳しい情報はこちらのページをご覧ください。
http://acpnihon.blog.fc2.com/#44

○企画:ACP(http://acpnihon.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
主催:「テクノロジー犯罪犯罪被害者有志一同」
実際のデモの実行委員には、企画のACPを始め、その他の複数の被害者団体の会員も含めて有志が 、個人として参加しており、私も途中からですが、実行委員に参加しております。

◯デモのコンテンツ
フライヤー:(完成次第、リンクを貼りますのでお待ち下さい)
告知媒体:告知映像やビラ等はこちらのリンクをご覧ください。http://acpnihon.blog.fc2.com/#44
コーラー及びシュプレヒコール:こちらのリンクをご覧ください。 http://acpnihon.blog.fc2.com/#51

*「このデモについての私の考え」
様々な考えを持った人間が同時に何かを訴えるデモ行進は、難しい社会表現の方法の一つです。特に、今回のデモ参加者には、恐らく政治的な考えなどに対して大きく違う意見を持つ人間が共に参加、作業しているのではと思います。これはデモそれ自体が政治的な表現であることを考えれば、驚くべきことであり、それが可能になったのは、ひとえにこの非道の犯罪に法規制をしたい、という共通の目的があるからです。
同様に、この犯罪自体に対するイメージや事実認識においても、参加者はそれぞれに違うものを持っているはずです。それはこれが目に見えない犯罪であるが故に避けられない現象です。当然その違いが、ビラであるとか、コーラーなどのデモのコンテンツに反映されています。これに対し、参加を考える被害者の中でも、きっと色々な感想を持つでしょう。それがそれぞれの被害や信念や表現の違いです。
これはある程度あらゆるデモについて言える事であり、例えば反戦デモに参加をしたけれど、シュプレヒコールを自分で叫びながら、その内容の一部に違和感を覚える、という経験をしたことのある人もいるかもしれません。それに対して、今回のデモはコーラー文やシュプレヒコール、その他の情報をインターネットで事前に公開する、という新しい方法をとっています。これは大変にフェアなデモでのやり方であるのではないか、と私は感じます。ですので参加を考える方は、是非事前に上のリンクにあるデモの内容をご覧頂きたいと思います。全ての内容に満足し同意する、ということはあるいはないかもしれませんが、それもデモ行進というものだと思いますので、総合的にお考え下さい。そして今この時期に、休日の渋谷の人混みの中を行進してこの犯罪の存在を世間に訴え知らしめることは、必ずこの被害の解決に向けての大きな一歩になると私は信じています。ご共感頂ける方は、是非、心からご参加をお願い申し上げます。

>>>>>>>>>>NEWS<<<<<<<<<<
その他の、関連するニュースを2点、付け加えます。

①「ジャーナリスト、電磁波攻撃をされる!」
教育問題を深く取扱い、最近では福島の放射線問題に取り組んでいるジャーナリストの大沼安史さん(http://onuma.cocolog-nifty.com/ http://ja.wikipedia.org/wiki/大沼安史 )が、電磁波攻撃を受けて、その被害をブログで訴えています。まず私は被害者の一人として、彼らに対する応援を皆様にお願いします。
そして、Wikipediaに名前の載っているようなジャーナリストが、堂々と電磁波攻撃、及び集団ストーキングを受けるというのは、この犯罪を充分隠し通せるという加害者たちのあるいは自信の現れなのかもしれません。
いいですか、非被害者の一般のみなさん。皆様がこの問題を直視しない限り、原発問題はおろか、いずれはあらゆる市民の自由な発言が、全てステルス兵器と裏監視ネットワーク(とその他の様々な方法)によって潰されるファシズムがやってくるのはそう遠くはないはずです。「彼等」は、今この記事を読み、そしてリンク先の彼のブログを読んだ「あなた」が、そして同様に彼の記事を色々な場所で知ったそこそこの人数の人々が、「全員結局は見て見ぬ振りをして黙りを決め込む」と考えているのです。だから問題なく隠し通せると。だとすれば、あなたのその沈黙がファシズムを支えるのです。それは結局北朝鮮等で起きている状態ともう大差ありません。イジメの構造と同じと言った方がわかりやすいかもしれません。私はそう思います。つまり言い換えれば既にある意味ファシズム状態なのです。私はそう思います。

②29日(月曜日)、フジテレビ、午後九時、ドラマ『ガリレオ』
フジテレビの月9の東野原作の小説の原作のドラマ化の『ガリレオ』で、原作ではフレイ効果(電磁波の持つ聴覚効果)を利用した音声送信を取り扱った章を、本日(29日)の回で放映する予定と聞いています。(こららのミランダ様の「さくらんぼの実る頃」の記事もご参考下さい。http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/blog-entry-301.html
音声送信はテクノロジー犯罪被害の大きな一角をしめる被害で、その技術としてフレイ効果も大きく疑われています。(こちらのpatentcom様の「ブログ自衛隊の犯罪を斬る」の記事 http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/8613620.htmlをご参考下さい)。フレイ効果はマイクロ波で聴覚作用を起こしますが(現実の音声送信被害にこの技術が使用されているかについては、様々な意見があります)、適切に痛覚神経を刺激すれば痛みが、視覚神経を刺激すれば視覚作用が引き起こせる、というのが道理であり、そのような人体実験や武器の実用をしている人間が、社会にはもういるのだと多くのテクノロジー犯罪被害者は訴えています。
このドラマはフィクションであり、またテレビでどこまで放送できるかもわかりませんが、テクノロジー犯罪被害者の訴える犯罪の「参考イメージ」の一つとして、一般の方に是非ご覧いただきたいと、願います。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2013/04/29(月) 17:50:07|
  2. アクティビズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:silverbullet
この犯罪を知らない方は、周知活動のために運営しているこちらのサイト http://stopeh.org/wordpress/
をご覧下さい


2011年5月に、長く続いていた異様な体調不良が電磁波攻撃によって引き起こされていること、数々の近隣住民による嫌がらせがガスライティングとよばれる一式の犯罪技術であることを知りました。犯罪被害の認識は、2011年5月ごろ、千葉県市川市の集合住宅での集中的な被害によってわかりましたが、その後に得た知識から今までの長く続いてきた症状と状況を分析して、被害が10数年前の大学在学時に始まったと理解しています。
被害が厳しく、市川市内で一度転居し、現在は多摩地区に避難しています。しかし昼夜問わず24時間相変わらず攻撃が続き、この卑劣な犯罪から逃れる方法がないらしい、ということがわかってきました。よって、この見えない巨大な敵と闘うより仕方が無く、犯罪の撲滅のために可能な方法を考えていこうというブログです。
問題解決のためには、法整備、警察、行政に対する圧力など、TI(ターゲッティド・インディビデュアル)と呼ばれる被害者の協力と行動だけでなく、非被害者である無数の一般の方々による認知と手助けが必要不可欠です。
是非このブログに限らず、インターネット上に溢れている無数の被害者の声に耳を傾けて、この卑劣な犯罪の撲滅のために力を貸してください。

お問い合わせはこちらのメールアドレスへ。
info@stopeh.org


この悪魔のごとき犯罪の撲滅と、被害者の救済のため、どうか力を貸してください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに (1)
基本方針 (2)
被害の記録 (7)
テクノロジーの分析 (8)
カウンターメジャー (1)
集団ストーキング (1)
被害者の分析 (2)
加害者の分析 (4)
BOOK CLUB (1)
海外情報 (3)
資料、情報 (1)
アクティビズム (15)
ニュース (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。